親世代には「遠かった留学」が
新しい世代の高校生には「受験に役立つ留学」になる。

英語を制するものは受験を制する。
長時間机について伸び悩むよりもっと効果的な近道がある。
環境を英語に変えること。

海外体験プログラムはたくさんありますが、本プログラムは単なる異文化体験の留学ではありません。大学受験の英語力を上げるための留学です。

最も英語力が伸びる時期、実は、受験勉強中!『英語力を上げなければならない』という目標がはっきりしているからです。

共通テストのリスニング試験は60分。はたして、そんなに長い時間、集中できるでしょうか?

日常会話が楽に聞けるようになると受験の英語もずっとラクになリます。
英語習得の近道はここにあります。

かつ、共通テストの内容などを意識して、大学入試に必要なレベルの英語へとプログラムを組んでいきます。

英語をマスターするのに最適な環境

様々な国の留学生と交流

ヨーロッパ、アフリカ、南米など30カ国の生徒受け入れ実績があり、グループ授業は英語で意見を述べることに重点が置かれています。

高水準な英語教育クオリティ

在籍する教員は世界各国から来た語学教育のプロフェッショナルです。多くの教員は教育学、言語学、心理学などの修士号を取得しており、学術的な理論に基づいた指導方法を基盤に授業を行います。

毎日6 ~ 8時間の
少人数制英語特訓

欧米留学の約2倍。1日6~8時間の学習時間が確保され、短期間でも英語を話す時間が長くなり効率的に学習可能です。個人のレベルに沿ったカリキュラムで、長い留学期間を無駄にしません。

他国の約 1/3 の費用で留学可能

フィリピンの物価は日本の約1/3~1/2【1ペソ=約2.2円】。基本的には留学費用にすべて必要な費用が含まれているので、欧米留学のハードルのひとつである費用の高さをクリアできます。

共通テストで高得点を取るためには

共通テストの英語は、どうなるか?

設問文の変化

リーディングでは、設問文も英語に。

出題内容の変化

センター試験の発音、アクセント、語句整序などはなくなる。
リスニングでは、聞き取った内容から文法を問う問題も。

選択問題の解答方式が変化

選択問題では、これまでの選択肢を「①~④から1つ選ぶ」ではなく、「選択肢は2回つかっても構わない」「当てはまるものをすべて選ぶ」など、より思考力・判断力が問われる。

日常生活を想定した出題シーンの変化

日常的なシーンを設問に用いることで、普段の生活でどのように英語を使うかを測る。

情報整理が必要な出題の追加

複数の文章や資料、図表、グラフなどの情報を読み取る問題も。

どう対策すれば良いか?

「ネイティブと同じ読み方」で英語を読む

英語の長文を、読解では、ネイティブが理解するように英語を英語で左から右に読んで理解できるようにし、リスニングでは、聞いた語順で英語を理解できるようにする。日本語とは語順が違うので、文法構造をきちんと理解し、精読できるようにする必要はあるが、漢文で返り点をつけて後ろから前に戻って読むような読み方は脱却する必要がある。

長文とリスニングのトレーニング

語彙・文法の知識をつけ、長文・リスニングのトレーニングを積み重ねることが重要。

  • 一定期間英語漬けになることで、英語だけで英語を理解できる経験は受験に大いに役立ちます。
  • 英語の音・言い回し・発想に習熟するには、やはり人と人が直接対面して話す、あるいは教室でディスカッションするという英語体験が大きな力になります。
  • 大学受験予備校LEADを運営するTelosとEnderun Collegesが共同でプログラムをお作りします。

マーク模試の点数(昨年度 既卒生)

留学前

留学後

大学合格の先を見据え
グローバルな人材になるために

生徒と真剣に向き合い、個別にカリキュラムを組み続けて25年。地域密着で数々の難関大学合格者を輩出した「大学受験パーソナルラボLEAD」が手掛ける「成果が出る留学」では、大学受験に成功するという目的だけでなく、参加者が自身の将来を見据え、世界を視野に入れた人生設計を行うきっかけを作ります。

海外体験プログラムはたくさんありますが、 本プログラムは 単なる異文化体験の留学ではありません。 大学受験の英語力を上げるための留学です。
最も英語力が伸びる時期、実は、受験勉強中!
『英語力を上げなければならない』 という目標がはっきりしているからです。 共通テストのリスニング試験は60分。 はたして、そんなに長い時間、集中できるでしょうか? 日常会話が楽に聞けるようになると 受験の英語もずっとラクになります。 英語習得の近道はここにあります。 かつ、共通テストの内容などを意識して、大学入試に必要なレベルの英語へとプログラムを組んでいきます。

エンデラン留学と残念な留学

成果が出る留学残念な留学
グループレッスンは多国籍留学先でもクラスは同じ学校の同級生だけ
マンツーマン授業が充実授業は午前のグループレッスン3時間だけ
1日6~8時間の授業に没頭観光中心、英語は少し

選ばれる理由

先生が優秀で親切

フィリピン大学やラサール出身の優秀な先生が多く、アメリカ英語が基本です。先生でも、笑顔でフレンドリーな人が多い。

暖かい人々と安全な地域

周辺はグローバル企業を誘致し、そこで外国人も多く住む地域。夜でも歩いている人が多く安全。大学周辺のカフェやレストランは、のんびりと過ごす人々でいっぱい。どこも英語が通じる。
犯罪率に関する世界的データベース「Numbeo Safety Index 2019」によると
マニラの中心部マカティはホノルルより安全で、大学周辺はそのマカティさらに安全。

圧倒的なコスパの良さ

ハイセンスな大都会にありながら、インターナショナルクラスだけでなくマンツーマン授業も充実。欧米の授業にありがちな自分と同じレベルの人としか話す機会がない、ということもありません。

大学名エンデランカレッジ
場所マニラ郊外マッキンリー地区 (空港から30分の安全な地域)
※大学キャンパスをそのまま使います
滞在先大学寮(寮責任者も滞在、24時間のセキュリティシステム完備)

参加者の声

高1生
留学期間(3週間 )
帰国後にALTの先生の授業が、知らない単語以外全部聞き取れるようになっていました!
高3生
留学期間(8週間)
英語がキライで苦手だったんですが、勉強に行き詰まったので行ってみることにしました。それが思わぬ大転換点になりました。 英語で話せることが楽しく なって、英語を勉強することがイヤでなくなり、成績が驚くほど上がりました。

タイムスケジュール

ScheduleSunMonTueWedThuFriSat
8:00朝食
9:00出発インターナショナルクラスマンツーマン
クラス
10:00
11:00
12:00ランチTIME
13:00インターナショナルクラスフリータイム
14:00
15:00
16:00マンツーマンクラス
17:00
18:00夕食
19:00休憩
20:00授業の復習
21:00自習
22:00就寝

留学費用の目安

2週間

190,000円 ~

3週間

230,000円 ~

対象・期間・出発日など

対象高3生/高2生/高1生
期間2週間~4週間 (応相談)
出発日条件に応じてご相談の上決定(春休み・夏休み期間など自由に設定可能です)
授業個々人のレベルに合わせたプログラム
お申込〆切出発の1ヶ月まで
費用に
含まれるもの
授業料・教材費・プログラム費・食費・空港送迎費 滞在費(寮など)・国際送金手数料
※授業内容によって、授業料が異なります。
費用に
含まれないもの
航空運賃・就学ビザ費用・海外保険 (海外保険は必ずお入り下さい)
※Wi-Fi 貸出しあり(ご相談ください)

よくあるご質問

Q
授業は1日何時間ですか?
A

6時間〜8時間の授業です。 授業の復習の時間もあります。

Q
長時間の勉強プログラムでも疲れませんか?
A

英語を使って、グループワークやプレゼンに取り組むので、授業にメリハリがあり、あっという間に1日は終わります。

Q
リスニングが全くできませんが大丈夫ですか?
A

たくさんの英語を聞いていくうちに だいたい10日〜2週間過頃より聞こえはじめてくるはずです。

リードからのお知らせ

留学に関するお申し込み・お問い合わせ

お問い合わせは以下のメールフォームよりご連絡ください。